令和2年度「学生ボランティア活動体験レポート」の募集

財団では、現下のコロナ禍において「三つの密」の回避や「人と人との距離の確保」など基本的な対策が求められる中で、学生ボランティア活動が適切かつ円滑に実施されることは相当困難であることから、令和2年度の「学生ボランティア団体助成事業」の実施を見合わせ、その代替事業として、「学生ボランティア活動体験レポート」を募集します。また、併せて学生ボランティア団体の活動を支援します。

1.目的

団体の活動を通じて得られた貴重な体験を、まだボランティア活動の経験のない学生の皆さんに知ってもらい、共感を得ることによって新たなボランティア活動へと広がっていくことを期待します。



2.応募資格

日本の大学、大学院、短期大学、専門学校に在籍する学生を主たる構成員とする学生ボランティア団体で、原則として過去2年以上の活動実績がある団体の構成員(学生に限る)とします。



3.応募方法

所定の申込書に、「学生ボランティア活動体験レポート」の作成要領に沿って作成したレポートを添付し、必ず大学(学校)事務担当部局に応募する旨連絡した上で、郵送により提出してください。(※申込書等は、当財団のホームページからダウンロードできます。)
なお、応募書類一式については、返却しませんのでご了承ください。

募集要項
申込書、レポートの様式

4.募集期間

令和2年10月1日(木)~10月30日(金)



5.選考機関

当財団「学生ボランティア活動への支援に関する選考委員会」が選考を行います。



6.選考基準

(1)上記2.の応募資格を満たしていること。
(2)これまでのボランティア活動の体験で、何ができ、あるいはできなかったのか、何を得られたか、あるいは得られなかったのか、そして何を感じたかを自分の視点で考察して、ボランティア活動の意義や必要性を多くの学生の皆さんに伝えるものとします。



7.表彰等

「福祉」、「環境」、「地域連携(交流)」、「国際交流(途上国支援)」、「被災地支援」及び「その他」の分野ごとに優れたレポートを表彰し(分野ごとに3~5件を目安とする)、当該申込者の所属する学生団体に活動助成金(10万円)を贈呈します。同一団体から複数の申込者があった場合は、活動助成金の上限は10万円とします。



8.結果発表

令和2年12月中旬(予定)



9.発表方法

採択された申し込みについては、大学(学校)を経由して、「採択決定通知書」を送付するとともに、当財団の「ホームページ」に公表します。また、特に優れたレポートはホームページにそのまま内容を掲載します。



10.表彰式

未定(結果発表と併せてお知らせします。)



11.その他

応募の際に提出された「個人情報」については、本事業以外には使用しないことを申し添えます。


主催 (応募先)

一般財団法人 学生サポートセンター
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目52番2号
青山オーバルビル15階

TEL:03-5766-8207
FAX:03-5766-8208
Mail:info@gakusei-sc.or.jp
URL:http://www.gakusei-sc.or.jp